LAND ROVER STYLE CHANNEL
その感性を手のひらに、優雅な冒険がはじまる
2018.04.27/JAPAN

RANGE ROVER 2018YEAR MODEL

エクステリアデザインを一新し、より洗練されモダンに

<RANGE ROVER>

 
 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER」の2018年モデルを、2018年4月27日(金)より受注を開始しました。
 
 「RANGE ROVER」2018年モデルでは、フロントグリル、フロントおよびリアのバンパー、ヘッドライト、リアスポイラーなどのエクステリアデザインを一新し、よりモダンで洗練されたデザインとなりました。
 
 そして、インフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」や、4Gの通信機能や離れた場所から車両の各機能を確認・操作できる「リモートプレミアム」を標準装備。このほか主要データ(速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示やオフロード情報など)をフロントガラス上に表示するヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)や、簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能なジェスチャー・ルーフブラインドなど、先進テクノロジーを新たにオプション設定しました。
 
 また「RANGE ROVER」」2018年モデルでは、特にインテリアをより快適、かつラグジュアリーに改善していることが特徴です。
 シートの形状や素材を見直すことで、ゆったりと深く着座。快適性が向上しています。新しいリア・エグゼクティブ・クラスシートには、電動デプロイアブル・リア・センターコンソールと折り畳み式リアシートがあり、5シートの多用途性と4シートの贅沢な空間が選べます(「AUTOBIOGRAPHY」「SVAutobiography DYNAMIC」「SVAutobiography」に標準設定)。
 このほかコンフォートコントローラー機能を搭載。専用スマートフォンアプリから後席のシートマッサージ、エアコン、個別のシート温度設定などが可能です。
 さらに、急速冷蔵機能を新たに備えたセンターコンソールボックス(4本の500mlボトルが収納可)や、ローリングモードやパルスモードなど、25種類のマッサージプログラムから選択ができるホットストーンマッサージ、フットレストヒーターなど、利便性と快適性を高めるオプションを充実させています。
 

RANGE ROVER SVAutobiography

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
<ガソリン・エンジン搭載モデル:8機種>

RANGE ROVER VOGUE(3.0L 340ps) 14,090,000円
RANGE ROVER VOGUE(3.0L 380ps) 14,900,000円
RANGE ROVER VOGUE LONG WHEELBASE(3.0L 380ps) 15,540,000円
RANGE ROVER VOGUE(5.0L 525ps) 16,570,000円
RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY(5.0L 525ps) 19,290,000円
RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE(5.0L 525ps) 20,160,000円
RANGE ROVER SVAutobiography DYNAMIC(5.0L 565ps) 24,950,000円
RANGE ROVER SVAutobiography(5.0L 565ps) 31,080,000円

<ディーゼル・エンジン搭載モデル:2機種>

RANGE ROVER VOGUE(3.0L 258ps) 14,520,000円
RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY(3.0L 258ps) 17,390,000円


<「RANGE ROVER」2018年モデルの主な特長と装備>

●V型6気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(250kW/340PS・450Nm、280kW/380PS・450Nm)、出力アップしたV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(386kW/525PS・625Nm、416kW/565PS・700Nm)、V型6気筒ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(190kW/258PS・600Nm)をラインアップ。全10機種を展開。
●フロントグリル、ボンネット、フェンダーベント、バンパー(フロント/リア)、LEDライト(フロント/リア)、リアスポイラー、エキゾーストパイプを一新。よりモダンさと洗練性を向上しました。
●シートポジション調整スイッチをドア側に移動してシート幅を拡大。より深みのあるクッションを新採用して、深々とゆったり着座できるように改良しました。
●ロードスルー機能を備えた60:40分割可倒式ベンチシートを採用。
●より広く深く着座できるように改良し、乗り心地が改善したリア・エグゼクティブ・クラスシート(「AUTOBIOGRAPHY」「SVAutobiography DYNAMIC」「SVAutobiography」は標準装備)。
●リアセンターコンソールを電動可動して4人乗り、もしくは40:20:40の5人乗りに設定可能。
●スマートフォン用の専用アプリを介して、シートレイアウト、後席の気温や風量の調整、マッサージ機能、シートヒーター&クーラー、シートヒート部位の設定などを車外から操作ができるコンフォートコントローラー機能を装備。
●ローリングモードやパルスモードなど、25種類のプログラムを備えたホットストーンマッサージ(前席&後席)を搭載。
●トリムフィニッシャーに5つのベニアフィニッシャーを追加
●ドアガラスの厚さを6mmに変更し、車内の静粛性を向上
●新たに急速冷蔵機能を搭載したセンターコンソールボックスを搭載。4本の500mlボトルを収納でき、5℃になるまでマイナス5℃で冷却(※)
●リアセンターコンソールにゼニス製アナログ時計をレイアウト(「SVAutobiography LONG WHEELBASE」に標準装備)。
●2つの高解像度10インチのタッチスクリーンを別々に操作することができるインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」を搭載。
●簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能な、ジェスチャー・ルーフブラインドを装備。
●常に車内空間を快適にするイオン空気洗浄テクノロジーを搭載。
●速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示などの主要データをフロントガラス上に表示するヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)を装備。
●テレインレスポンスに「ダイナミック」「エコ」を追加。7つのモード(「コンフォート」「ダイナミック」「エコ」「草/砂利/雪」「泥/わだち」「砂地」「岩場」)から選択が可能に。
●後部座席の乗員が降車のためにドアを開ける時、ほかのクルマや自動車などの接近を検知すると注意を促すクリアイグジットモニター(※)を装備。
●ドライブアシスト(キューアシストおよびエマージェンシーブレーキアシスト付アダプティブクルーズコントロール、自動緊急ブレーキ、レーンデパーチャーワーニング)を搭載。
●パーキングアシスト(フロント/リア パーキングエイド、リアビューカメラ)を搭載。
(※はオプション、もしくは一部オプション設定)