LAND ROVER STYLE CHANNEL
その感性を手のひらに、優雅な冒険がはじまる
2017.11.22/JAPAN

RANGE ROVER EVOQUE 2018YEAR MODEL

ジャガー・ランドローバーが設計から開発を手掛けたINGENIUMエンジンを全機種に搭載

 
 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「5-DOOR」「COUPE」「CONVERTIBLE」と3種類のボディスタイルを揃えた「RANGE ROVER EVOQUE」2018年モデルを、2017年11月22日(水)より受注を開始しました。
 「RANGE ROVER EVOQUE」の2018年モデルは、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた「INGENIUM(インジニウム)エンジン」をすべての機種に導入。また、新たにディーゼルエンジンを加えています。さらに、2018年モデルでのみ生産するデザイン性を強調した「RANGE ROVER EVOQUE LANDMARK EDITION」も発売し、全16機種の展開となります。


 新しく採用したエンジンは、INGENIUM 2.0リッター直列4気筒ターボチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力240PS・最大トルク340Nm)と、INGENIUM 2.0リッター直列4気筒ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(最高出力180PS・最大トルク430Nm)の2種類です。
 どちらのエンジンも燃費性能に優れ、ガソリンエンジンにおいては、先代モデルのエンジンと比較して15%の燃費向上を実現しています。
 2018年モデルは、オプションで選択できる装備がさらに充実しました。インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」に、コネクティビティ機能を導入。スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認することができます。また、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことも可能です。
 さらにオプション・パックとして、自動緊急ブレーキやレーンキープ・アシスト、アドバンスド・パークアシストなどのドライバー支援システムを搭載した「アドバンスド・ドライバーアシスタンス・パック」や、内外観の魅力を一層引き立てるパノラミックグラスルーフを含めた「ラグジュアリー・パック」など、パッケージオプションも豊富に用意されています。


■エクステリアカラー(全13種)

ナルヴィクブラック(新色)、フジホワイト、インダスシルバー、コリスグレイ、サントリーニブラック、ロワールブルー、カイコウラストーン、フィレンツェレッド、ユーロンホワイト、シリコンシルバー、カルパチアングレイ、フェニックスオレンジ、モレーヌブルー(「LANDMARK EDITION」のみ)
 

■「RANGE ROVER EVOQUE LANDMARK EDITION」について

 「SE PLUS」をベースに、2018年モデルのみで展開。エクステリアカラー(モレーヌブルー、ユーロンホワイト、コリスグレイの3色から選択可能)と、カルパチアングレイのコントラストルーフがデザインを際立たせる、ダイナミックなボディスタイルのモデルです。
 19インチのグロスダークグレー・フィニッシュ・ホイール、グラファイトアトラス仕様のダイナミックグリル、アウタートーアイカバー、ボンネットルーブルを装備。インテリアにはルナステッチを施したエボニー、センターコンソールにはダークサテンブラッシュド・アルミニウム・フィニッシャーを採用しています。
 

 


■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
<RANGE ROVER EVOQUE ガソリン・エンジン搭載モデル:8機種>
2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン9速AT、240PS・340Nm

■5ドア
・SE(5,020,000円)
・SE PLUS(6,080,000円)
・HSE(6,650,000円)
・HSE DYNAMIC(7,090,000円)
・AUTOBIOGRAPHY(8,350,000円)
・LANDMARK EDITION(6,690,000円)
■クーペ
・HSE DYNAMIC(7,205,000円)
■コンバーチブル
・HSE DYNAMIC(7,680,000円)

<RANGE ROVER EVOQUE ディーゼル・エンジン搭載モデル:8機種>
2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル9速AT、180PS・430Nm

■5ドア
・SE(5,210,000円)
・SE PLUS(6,270,000円)
・HSE(6,850,000円)
・HSE DYNAMIC(7,290,000円)
・AUTOBIOGRAPHY(8,550,000円)
・LANDMARK EDITION(6,880,000円)
■クーペ
・HSE DYNAMIC(7,405,000円)
■コンバーチブル
・HSE DYNAMIC(7,880,000円)


<「RANGE ROVER EVOQUE」2018年モデルの主な特長と装備>

●ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた、INGENIUM(インジニウム)エンジンをすべての機種に搭載。エンジン・ラインアップは、INGENIUM 2.0リッター直列4気筒ターボチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力240PS・最大トルク340Nm)と、INGENIUM 2.0リッター直列4気筒ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(最高出力180PS・最大トルク430Nm)の2種類となります。
●「RANGE ROVER EVOQUE LANDMARK EDITION」を2018年モデルでのみ発売。
●エクステリアカラーに、ナルヴィクブラックを新色として追加。
●メモリー機能付の電動調整可倒式ドアミラーには自動防眩機能を装備(オプション、もしくは一部オプション設定。HSE、HSE DYNAMIC、AUTOBIOGRAPHYは標準装備)。
●インストルメントパネルに、ダークスポーツ・テクスチャード・アルミニウムを採用(HSE DYNAMICのみ)。
●よりパワフルな印象を与えるレカロスポーツシートを設定(HSE DYNAMICのみ選択可能)。
●直感的なタッチ操作が可能で、鮮明なグラフィックの10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を搭載。
●スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」や、万が一車両が盗難にあった際に、車両位置を捜査機関に通知できる「セキュアトラッカー」など、充実したコネクティビティを提供(オプション、もしくは一部オプション設定)。
●車間距離を維持しながらの走行をサポートするアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を搭載(HSE DYNAMIC、AUTOBIOGRAPHYのみ選択可能)。
●クルマやキーに触れることなく、車外からテールゲートの開閉操作が可能なハンズフリー・パワー・テールゲート(SE、SE PLUS、HSE、5ドアとクーペモデルのHSE DYNAMICのみ選択可能)。
●車両のパフォーマンス性能を支えるオールテレイン・プログレス・コントロール(ATPC)、テレインレスポンス、トルク・ベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)、アダプティブ・ダイナミクス(「RANGE ROVER EVOQUE HSE」HSE以上のグレードで選択可能)、アクティブドライブラインを搭載利便性を高めるパッケージオプションを用意。
■アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・パック
アドバンスドパークアシスト、360°パークアシスト、ブラインド・スポットモニター、レーンデパーチャー・ワーニング、レーンキープ・アシスト、自動緊急ブレーキ、ドライバー・コンディション・モニター
■コネクトプロパック(オプション、もしくは一部オプション設定)
最大8つのデバイスに対応するWi-Fiホットスポット、InControlアプリ、リモートプレミアム。