LAND ROVER STYLE CHANNEL
その感性を手のひらに、優雅な冒険がはじまる

#TRADITION #脈々と引き継がれる伝統

<2018.02.08>

2つの伝統

ogawa総合カタログ2018撮影記
 

 

それは一本の電話から始まった。

 
 「クラシックレンジローバーにカヌーを積んで本栖湖に来てくれませんか?」。
 
 電話の相手はディスカバリーオーナー。そしてogawaのメーカー、キャンパルジャパンの人であった。
 テントメーカーogawaと言えば、アウトドア好きなら知らない人はいないであろう、100年以上の歴史を持つ老舗テントである。現在はキャンバルジャパンが製造発売しており、メールの内容は2018年のカタログで、クラシックレンジとともに新作テントを撮影するというものだった。
 歴史あるテントと、歴史あるレンジローバー。そして本栖湖の湖畔の向こうには富士山が見える。最高のロケーションに、最高の演出。その画を想像しただけでも気分が高揚する。もちろん「喜んで」と即答した。


 

 

星空を見る幸せ

 撮影日前日の朝。季節外れともいうべき台風が過ぎ去った。台風一過のあとは、だいたい晴れる。
 
「チャンスだ、今から星を見に行こう」。
 
 それがこのコラムだ(※クリックすると記事に飛びます)。空を見上げれば満天の星空。満天の星空は今までたくさん見たかもしれないが、思い出ではなく実際に何度も見たい。そこに流れる感じる空気、自然の中にいる自分という存在。仲間といるのも楽しいが、自分だけの世界がそこにはある。空を見て、何を思うのか。何を考えるのだろう。それはその時にならないと分からない。
 太陽の光が全体を照らし始めると、星空の一大ステージは終演を迎える。そして次には、朝もやとともに湖に新しいステージが登場する。さぁ、カヌーを漕ぎ出す時間だ。

ランドローバーの本質

 カヌーを積んだクラシックレンジに加え、朝にはもう一台、ランドローバーの名車が登場した。ディフェンダーだ。クラシックレンジとはまた違う雰囲気だが、このステージに合う。
 時代とともに少しずつは進化したディフェンダーだが、何十年も変わらないこの設計(スタイル)は、いかに基本が大事かであることを静かに語りかける。
 テントも同じなのだろう。時代に合わせ、変わるところは変わらないといけない。しかし、テントの根本というのは何だろうか。奇をてらったものは話題性にはなるが、それは一過性でしかない。そうブームだ。ブームはいつか飽きられる。基本を大事にしていないものは、じきにその姿を消していく運命にある。
 それは決して便利、不便という軸ではないだろう。コンビニ、エアコン、インターネットなど、今の生活環境は便利そのもの。しかしアウトドア、つまり自然の中で過ごすということは不便そのものだ。だからこそ考え、アイデアが生まれ、それがカタチとなる。

失われた本質の時代だからこそ。

 レンジローバーの進化も、まさにそのものだ。その時代で最高の技術を惜しみもなく取り入れてきた。だからこそ、砂漠のロールスロイスと言われる所以だ。クラシックレンジは今でこそノスタルジック的要素で見られるが、その時代の最高の技術、そしてその当時の開発者の想いが詰まったクルマだ。だからこそ、一過性では終わらず歴史を刻み続けている。
 ogawaのテントも、その新しさの向こうに、まるでレイヤーのように歴史が透けて見える。だからこそ、コアなキャンプファンからの支持を集めている。
 
 「クラシックレンジローバーにカヌーを積んで本栖湖に来てくれませんか?」
 
 クラシックレンジとogawaのテント。ともに歴史あるもの同士が放つ流れる空気。物が溢れ、物があるのが当たり前の現代だからこそ、物の価値を感じられる幸せ。それが人生を豊かにしてくれるのだろう。 



■ogawa総合カタログ
 https://www.campal.co.jp/about/catalog/
■ogawa公式 / CAMPAL ONLINE STORE

 

 

 www.store-campal.co.jp/

PHOTO


<MOVIE>