LAND ROVER STYLE CHANNEL
その感性を手のひらに、優雅な冒険がはじまる

Gastronomy Party

愛すべきレンジローバーに囲まれて。 

Gastronomy Party VOL.1

「ごちそうさま」とは、ご馳走を頂いたことへの感謝の意を表す言葉。「馳走」とは、その準備のために走り回り、食事を出すなどして客をもてなすこと。我々はレンジローバーで馳走することを楽しんだ。

 

「おもてなし」って何だ?

「Gastronomy Party」を企画する時とに必ず出るキーワードです。今回はレンジローバーの工場で、焼き牡蠣をみんなで食べようという企画。題して「Gastronomy Party Vol.1 OYSTER GARAGE」。
そこまではすんなり決まるのですが、どんな演出にするか、どんなメニューにするかという段階で、いつも喧々諤々の議論になり、なかなかまとまりません。
そんな時、必ず出てくるのが「私たちらしい『おもてなし』ってなんだ?」というテーマです。1カ月も前から企画を練り出し、こんな議論に時間を費やして、結局ギリギリになって、食材や機材の調達なんかでバタバタと走り回って当日を迎える…。今回もこんな感じになってしまいました。

 

レンジローバーは大活躍。
私たちは走り回って楽しんでいる。

30人の大人が集まることになったわけです。テーブルがない、椅子が足りない、いやそれ以上に30人分の食材って、どのくらいの量になるんだろう…。牡蠣は食べ放題、酒は飲み放題にしたい。
そうだ、牡蠣だけじゃだめじゃん…。
器材と食材の調達に、東京のあちこちをレンジローバーで走り回ります。大容量のラゲッジルームをこれほど頼もしく思ったことはありません。
来てくださる皆さんの笑顔を思い浮かべながらの調達ドライブで走り回り、結局は自分たちがそれを一番楽しんでしまったようです。

 

各産地の牡蠣500個が並ぶ。

今回は、食事は好きなモノを好きなだけ取り分けていただくビッフェスタイル。6カ所のファイヤーピットで大量の炭が燃え続けています。座席は前回のビストロスタイルから、ロースタイルというかグラウンドスタイルに変更しました。
500個以上の牡蠣や海産物を並べたメインテーブルは、まるで魚市場の様相。レンジローバーの整備工場で、午後から夜中まで歴代のレンジローバーやレンジスポーツがぐるりと囲んでいる中でのパーティーが始まりました。
パーティーは夕刻を迎えると賑わいの最高潮に達します。ワイワイガヤガヤと活気に溢れた前半の4時間となりました。

 

照明を落として語り合う。
全員が主役。

日が落ちると照明を消して、ランタンに火が灯りました。
大の大人が30人も集まってワイワイと食事したあと、みんなで火を囲んでゆったりと語らう。私達の周りを取り囲むレンジローバーたちのシルエットが、ぼんやりと浮かび上がります。それまでワイワイガヤガヤと楽しんでいただいた皆さんにも、ゆったりした時間が流れ始めます。
炭火とランタンの薄明かりの中、和やかな語らいの時間が過ぎていきます。やさしい、やさしい時間が流れます。年齢も職業も様々な30人の大人が集まって、一つの優しい空間が生まれます。
 
そこには、30人の大人の「素直」が満ち溢れていました。
 
初めて会った人も、まるで十数年来の友人や家族であったように打ち解けていきます。

集まった人がやさしいのか。
燃える火が人をやさしくするのか。

薄明かりと燃え盛る炎の原始の温かさが、私達を優しくさせるのか、集まった皆さんが優しい人たちばかりなのかは分かりません。
きっとその両方だったんだろうな。
まるで、雪国の古民家で、囲炉裏を囲んだ家族のような温かさがそこにはありました。大きな声で話すわけではないのに、言葉には熱がこもり、会話は真実に近付き、心に染み渡っていきます。
素敵な素敵なゆったりとした素敵な大人の時間を過ごさせていただきました。一人ひとりとお話したこと、みんなで話したこと。全部全部覚えています。
 

「ご馳走」さま。

三々五々、お帰りになる皆さんが「楽しかった」「美味しかった」「また企画してください」と声をかけて下さいます。主催側としては配慮や準備が足りなかったことを自覚しており、かえって恐縮してしまいます。ただ「準備ありがとうございました」という言葉には、素直に「どういたしまして」と応えることができました。
「馳走とは、できる範囲で客のために走り回ることだ」という海原雄山のセリフをつい思い浮かべてしまいます。確かに走り回わったなと思います。
 

 
 

Gastronomy Party